IMG_2767 (1).JPG

スタチュー(彫像芸)

スタチューの場合「設置場所(演技場所)」が最も重要になります。

基本的にはお客様ご自身がパフォーマーとの距離感を調節しやすく、コロナ過でもやり易いパフォーマンスと言えます。

①設置はパフォーマンスに興味を示さないお客様の動線に配慮し、万一スタチュー前に人が立ち止っても、お客様の流れの大きな妨げにならないようにします。

②基本的にはパフォーマンスに入ると当然動かなく(動けなく)なるので、お客様の突発的な干渉や事故を防ぐためにもアテンド(サポートする人員)が必要となります。

③スタチューの道具はクリオーネとアテンド以外触らないようにし、出ハケをサポートして頂きながら迅速に設置します。

④スタチューは「1対多」のパフォーマンスになるものの、基本的にクリオーネ前に1組・遠巻きに複数のお客様という構図になります。

その遠巻きのお客様の滞留もアテンドが適度に流していきます。

スタチューのポイントはお客様が立ち止り易いので、設置消毒液等への誘導にも効果的です。

フォトポイントにもなり易く、周知・啓蒙したい事物を画角に設置しておくのも効果的です。